​きゅう

 主に経絡上のツボを選んで施灸し、症状の改善を求めます。

お灸は温めるために行うことばかりではありません。時に不眠症の治療に、時には逆子の赤ちゃんをひっくり返したりと対象は幅広いです。

肌に直接もぐさを置くことはないので、火傷の心配はございません。「昔は、自分でお灸を据えていた」と聞くことも多く、広く普及していた治療法です。

 当院のお灸は、もぐさを特殊加工し、臭い・煙の出ないものを使用しておりますので、お灸の臭い・煙が気になる患者様でも、また、お出掛け前でも、気にせず治療を受けて頂くことが可能です。

長屋鍼灸 昇陽堂

大阪府大阪市福島区鷺洲1-9-19

  • ホワイトInstagramのアイコン
  • Facebook Clean